【信頼性が第一!】離婚の相談をするならこの弁護士法人!

ホーム > 離婚相談について > 離婚って絶対に慰謝料を払わないといけないの?

離婚って絶対に慰謝料を払わないといけないの?

 ドラマとかでは、よく離婚をする際に、慰謝料を請求されるケースがありますが、絶対に必要なものなのでしょうか。慰謝料というのは、離婚をする事によって被る精神的な苦痛に対して支払われるものになります。ですので、必ず離婚をする時に発生するものではありません。双方でちゃんと話し合いをして、合意をした上で離婚をするのであれば、支払いをする必要はありません。
 また、離婚をする理由で最も多いのが、性格の不一致や価値観の相違です。ですがこの場合には、どちらかが一方的に悪いのではなく、お互いに悪い理由がありますので、これを理由にして片方が慰謝料を請求するのは、お角違いだという事を理解しておきましょう。


 では逆に、慰謝料を請求できるのはどんな場合なのでしょうか。慰謝料を請求できるケースは、大きく分けて2つあります。
 1つは、浮気や暴力など、離婚に至る原因や行為から生じる苦痛に対するものになります。
 そして、2つ目は離婚をする事自体が精神的苦痛にあたるものになります。つまり、離婚をする事で地位を失ってしまうなど、立場を危うくしてしまう場合です。ですが、浮気相手と配偶者の両者から慰謝料を二重取りするという事は出来ません。
 慰謝料はあらかじめどの金額までならと認められる金額がありますので、それ以上の金額を請求する事は出来ません。その金額に合わせて請求をする事は出来ますので、いざ離婚をする場合には、ちゃんと弁護士に相談をすると良いでしょう。


 そして慰謝料の相場になりますが、これは相手との結婚期間や離婚をするに至った原因行為の内容によって全く金額は異なってきます。慰謝料を請求する相手の資力や収入なども考慮されて決定しますので、ドラマや芸能人のように、ポンポンと数千万円を請求する事は簡単ではないという事を覚えておきましょう。
 一般的な慰謝料の相場は、100万円から300万円だと言われています。事案によっては数十万円の場合もありますし、300万円以上だと認められるケースもあります。どうしても離婚をする時に慰謝料が必要だと判断した場合には、どんな証拠が必要なのか、主張を通すためにはどうしたら良いのかなど、初心者には難しい壁が沢山あります。
 ですので、離婚で慰謝料を請求する場合には、必ず法律の専門家に相談をして、具体的に慰謝料を請求する準備をするようにしましょう。円満解決ではない場合には、ちゃんと慰謝料の事を考える事が大切ですよ。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る