【信頼性が第一!】離婚の相談をするならこの弁護士法人!

ホーム > 離婚相談について > 離婚で慰謝料がどれくらいとれるかの相談

離婚で慰謝料がどれくらいとれるかの相談

 もし離婚をするとすれば、将来的にお金に困る可能性が出てきます。自分自身で働いているならその収入で生きていける場合もありますが、子供などを引き取るとなるとかなりの収入が必要になります。一応養育費などは受けられますが、永久に受けられるわけではありません。離婚の理由が浮気であったり不倫の場合には、相手から慰謝料を受けることができます。
この時、どれくらい受けられるかなかなかわからない場合があります。その時には専門家に相談してみましょう。沢山請求したとしても、無いお金を請求することはできません。また、世間的な相場もあります。裁判などになる場合、裁判所から一定額を示されますが、それほど大きな金額は期待できない場合もあります。専門家に事前に聞いておけば、準備もしやすくなります。夫だけでなく、不倫相手からも請求できる場合があります。


離婚を考える前に相談相手を探そう

現代社会では二分半に一組が離婚をする時代ですが個人的に言えば離婚は仕方がないと言えばそうかもしれません。然し折角結婚したのにどうしてかいろんな原因で別れないといけないのかということになれば相談所を使うでしょう。
しかし本当にそれが解決するべきことなのかということはわかりません。本当に一番大事なことは身近にいる人間がそうです。個人的に身近な人間に相談をしてから解決するのがベストだといえます。そうでもしないとやはり個人的にはどうかなといえます。弁護士を通じての離婚相談となれば費用もかかるでしょう。だからこそ大事なのは何かと言えば本当に個人的に言えるのは話し合いです。互いが納得しないまま貴方は別れますか。そんなことはないでしょう。ですから大事なことは話し合うことです。それがベストな答えだと個人的にはいえます。


離婚における養育費の相談をする

結婚をすると、婚姻関係ができ、同じ戸籍の中に入ります。子供ができればやはりその戸籍の中に入ることになります。基本的には、子供との親子関係は一生切れません。では離婚をしたらどうなるかです。よく親権者などの話があるでしょう。籍がどこにあるか、親権者がどちらにあるかに関係なく、子供と親との関係は切れません。ですから、妻の方が親権者となって引き取ることになっても、夫には父親としての役割が残ります。妻の収入が十分得ないときには、養育費を渡して子育てのサポートをしなければいけません。
ではその養育費をいくらにするかです。いくらでも設定して良いわけではないので、専門家と相談をして決めるようにした方がいいでしょう。無理な金額を設定すると、払ってもらえなくなる可能性があります。足りなくても困ります。ちょうどいい金額に設定しないといけません。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る