【信頼性が第一!】離婚の相談をするならこの弁護士法人!

ホーム > 離婚相談について > 離婚の相談時、弁護士に持参すべきもの

離婚の相談時、弁護士に持参すべきもの

 弁護士事務所へ離婚の相談へ行く時は、弁護士さんが状況を正しく詳しく理解できる手がかりになるものを持参すると良いでしょう。不審なレシートや請求書、写真やメールを印刷したものなどヒントになりそうな物品があれば、裁判になった時にこちらが有利になります。
 あなたが精神的・肉体的なダメージを与えられた時は弁護士事務所へ行く前に病院へ行き、診断書をもらってください。パートナーが抱える問題に関しての証拠が集められない時は、普段から日付入りの日記を付けておくとそれが証拠として使えます。日記には何時ごろにどこで何をされたのかを詳しく書いてください。自分が有利に立ちたいからといって、嘘の証拠を提出することは絶対に避けましょう。嘘が明るみになると自分の立場が不利になるだけではなく、弁護士側からその後の弁護を拒否される可能性もあります。


 離婚はお金のことも考えた相談が必要です

 離婚をする時は、一人暮らしを始めるなど、これからの生活のこともしっかりと考えて、決めていくことも重要になります。仕事で収入がしっかりとある方の場合、これからの生活のことをきちんと考えて、行動を起こせるようになりますが、これから仕事を探す方の場合、不安もあります。
 結婚生活を送る中で、貯めてきたお金など、きちんと財産を分けて、離婚ができるように、弁護士に相談をして決めていくことも大切なポイントです。相手とトラブルになることがないように、弁護士の方にサポートをしてもらうことで、きちんとこれからのことを考えて、お金を分けていけるようになり、安心です。また、相手に問題があった時の慰謝料など、弁護士にきちんと相談をして、お金に関する事もきちんと納得できるように、問題解決のための行動を起こせるようにすることも必要になります。


 離婚に関する相談をしたい方に向けて

 結婚は人生の中でも一番と言っても良い幸せな瞬間です。しかし、そんな結婚もいつまでも幸せが続くとは限りません。関係が上手く続かなければ離婚と言った事態に陥ってしまう可能性があります。そんな時、どこに相談をしたら良いのかわからない方は、弁護士に相談をしてみましょう。というのも、離婚には様々な手続きを行う必要があります。また浮気などが原因の場合は慰謝料、子供の養育費問題など様々な問題があり、法律の専門家である弁護士の力を借りる必要があります。
 近年は、離婚調停の専門にしている弁護士なども多くいることから、どこに相談をしたらよいのかわからないといった方は、弁護士に話してみましょう。法律的なアドバイスだけでなく、日常生活に関連するアドバイスまで様々なアドバイスを受けることが出来ます。まずは弁護士に話、今後の流れを決めていきましょう。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る